トップ > 利用規約

利用規約

本規約は、Fringe81株式会社(以下「弊社」という。)が管理・運営するインターネット上のサービス『Trend Match』 (以下「本サービス」という。)における広告掲載者(以下「個人メディア」という。)と弊社との関係について定めるものである。 本規約に同意し、弊社による承認を受けた方に限り、本サービスの提供を受けることができるものとする。

第1条 規則の遵守
すべての個人メディアは、本規約及び本規約に付随する全ての規約、規則及びそれに準ずる一切の定めを遵守するものとする。 弊社は、これらの規約及び条件に違反した個人メディアに対して、広告収入の支払いを一切拒否する権利及び個人メディアとしての登録を 事前の通知なくして取消す権利を有するものとし、個人メディアは当該措置につき、一切の異議を申し立てないものとする。
第2条 定義
本規約において使用される各用語は、それぞれ次の各号に定める意味を有するものとする。
  1. 弊社
    Fringe81株式会社。
  2. 本サービス
    弊社が提供するサービスに登録した広告主(第2条第4項に定義)の広告を個人メディアのブログ・ウェブサイトに掲載し、その広告効果に基づいて広告主が弊社を通じて個人メディアに広告収入(第2条第5項に定義)を支払う仕組みを提供するサービス。
  3. 個人メディア
    本サービスを利用し、広告主の広告を掲載するブログ・ウェブサイトもしくはその運営者のこと。
  4. 広告主
    本サービスに申し込み、弊社との提携に基づいて広告を出稿する個人または法人。
  5. 広告収入
    個人メディアが自己のブログ・ウェブサイト上での広告主の広告の掲載による成果(広告がクリックされること/商品・サービスの購入/登録/ユーザー情報の提供等)の対価として受取る金銭報酬。
  6. 管理画面
    本サービスにおいて弊社が個人メディアに提供する、クリック数・広告収入金額等、本サービスに関するデータの閲覧を目的として利用するウェブページ。
  7. 個人情報
    登録情報のうち、氏名、住所、電話番号等、特定の個人を識別することが可能な情報。
第3条 登録
  1. 本サービスに個人メディアとして登録できるのは、日本国内に経済的基盤・拠点を有する満20歳以上の個人または法人であり、完全な責任能力を有するものとする。
  2. 弊社は、次の各号のいずれかに該当するブログ・ウェブサイトに対しては、その登録を拒絶することができる。

    (1)公序良俗に違反する内容を含むもの。
    (2)反社会的な活動をしている、または奨励しているもの。
    (3)虚偽の情報により登録したもの。
    (4)特定の個人や団体(弊社を含む)を誹謗中傷する記述を含むもの。
    (5)第三者の知的財産権、肖像権等の人格権その他法律上の権利ないし保護に値する権利を侵害するか、あるいは関連する法規に違反する内容を有するもの。
    (6)虚偽または第三者のブログ・ウェブサイトのURLにより登録したもの。
    (7)閲覧にパスワードを必要とする等、特定の者しか閲覧できないページを含むもの。
    (8)その他弊社が登録を不適当と判断したもの。
第4条 退会・再登録
  1. 個人メディアは、弊社が定める方法により、いつでも本サービスから退会することができる。
    但し、本サービスのシステムの都合上、個人メディアによる退会手続きが完了してから、その手続きがシステム上に反映されるまで弊社所定の時間が必要な場合があり、個人メディアはこれを承諾するものとする。
  2. 弊社は、個人メディアが以下のいずれかの事由に該当する場合、またはその恐れがあると弊社が判断した場合は、事前に通知することなく当該個人メディアをただちに退会させることができる。
    (1)本規約に違反した場合。
    (2)登録情報(氏名、住所、電話番号、金融機関口座等)に虚偽、過誤があることが判明した場合。
    (3)登録後に個人メディアが第3条第1項に該当しない、またはブログ・ウェブサイト等の内容が第2項各号のいずれかに該当することが判明した場合。
    (4)第11条に定める不正行為を行った場合。
    (5)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威力又は詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。)に関する活動をしている、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
  3. 弊社は、個人メディアが有効なアカウントを保有していない場合、退会させることができる。
    その際、弊社は当該個人メディアに告知し、告知から2週間以内に異議申し立てが無ければ、当該メディアを退会させることができる。
  4. 本サービスを第4条2項によらず退会した者は、いつでも本サービスに再登録することができる。
第5条 アカウントの削除
広告表示または広告クリックが発生していない期間が1年以上継続しているアカウントは削除対象となる。
その際、弊社は当該アカウント保有者に告知を行い、告知から2週間以内に異議申し立てがなければ、当該アカウントを削除することができる。
第6条 広告掲載
個人メディアは、広告を自己のブログ・ウェブサイト内の任意の場所に掲載することができる。
第7条 監視業務
  1. 弊社は、個人メディアが本サービスを利用するにあたり、本規約に反する行為及び不正行為がないかを監視する業務を行う。弊社は、当該監視業務により、本規約の違反や不正行為を行った、または不正行為を行った可能性が高いと判断した個人メディアに対し、以下の各号に定める権利を有し、個人メディアは一切の意義を申し立てないものとする。
    (1)広告収入の一部もしくは全部の支払いを拒否する権利。
    (2)第4条第2項の各号に基づき、個人メディアを退会させる権利。
    (3)損害賠償を請求する権利並びに悪質な不正行為に対し刑事告訴等の措置を講ずる権利。
  2. 当該監視業務は、弊社の独自の裁量により行われるものであり、弊社の義務を構成するものではない。
第8条 広告収入の支払い
  1. 月末時点で広告収入の金額を算定し、収入金額が5,000円に達している場合、翌々月20日(土日・祝祭日の場合はその前の営業日)に登録された銀行口座へ弊社より振り込み手続きを行う。広告収入の金額が5,000円に満たない場合は、翌月以降に持ち越されるものとする。但し、広告主が弊社に対して広告収入相当分の支払いを行わない場合は、広告主が当該支払いを行うまでの間、個人メディアに対する広告収入の支払いを留保することができる。また、個人メディアが銀行口座の登録を行っていない場合も支払いを留保するものとする。尚、銀行口座の登録が行われていない場合の広告報酬の留保期間は支払月の2ヵ月後の月末とし、その期間内に銀行口座の登録がなかった場合、留保された広告収入受領の権利が消滅し、支払いを行わないものとする。
  2. 前項の広告収入の支払いに関わる振込手数料は、個人メディアが負担するものとし、当該振込手数料は広告収入の支払金額より差し引かれるものとする。
  3. 弊社は、同一の個人メディアの複数のアカウントにおいて同一月に発生した広告収入の支払いを行う場合は、アカウント毎にこれを行うものとする。この場合、支払いに関わる振込手数料については、前項の規定に準ずるものとする。
  4. 弊社が振込手続きを行い、登録された銀行口座の内容に誤りがあった、または口座内容の変更が届け出られていなかった(変更の届出が支払月の前月の10日以降であった場合を含む)ことにより、送金不能となり手数料(組戻手数料)が発生した場合、当該手数料は個人メディアが負担するものとする。
  5. 弊社は、広告収入の支払月の前月の10日までに個人メディアが管理画面に登録した銀行口座宛に振込を行うものとする。
  6. 弊社は、個人メディアが次の各号のいずれかに該当する金融機関口座を登録していることが判明した場合は、登録口座を次の各号のいずれにも該当しない別の口座に変更するまでの間、広告収入の支払いを留保するものとする。尚、留保期間は支払月の2ヵ月後の月末とし、その期間内に次の各号のいずれにも該当しない別の口座への変更がなかった場合、留保された広告収入受領の権利が消滅し、支払いを行わないものとする。
    (1)自己名義でない口座
    (2)その他弊社が振込を行うことができない口座
  7. 弊社は、個人メディアが次の各号のいずれかに該当する金融機関口座を登録していることが判明した場合は、登録口座を次の各号のいずれにも該当しない別の口座に変更するまでの間、広告収入の支払いを留保するものとする。尚、留保期間は支払月の2ヵ月後の月末とし、その期間内に次の各号のいずれにも該当しない別の口座への変更がなかった場合、留保された広告収入受領の権利が消滅し、支払いを行わないものとする。
    1. 自己名義でない口座
    2. その他弊社が振込を行うことができない口座
  8. 弊社は、個人メディアが本サービスを退会したときは、退会時までに発生した未払の広告収入の累計額を、退会手続きをとった月の翌々月20日(土日・祝祭日の場合その前の営業日)に、個人メディアが管理画面に登録した銀行口座に対する振込送金により支払うものとする。この場合、支払いに関わる振込手数料の負担については、第2項の規定に準ずるものとする。なお退会時に銀行口座が登録されていない場合は、広告収入受領の権利が消滅し、支払いを行わないものとする。但し、広告収入の累計額が500円に満たない場合は、広告収入受領の権利は退会と同時に消滅するものとする。また、本項の場合においても、第8条第1項但書の規定が適用されるものとする。
  9. 個人メディアが第4条第2項に定める強制退会処分を受けた場合は、退会時までに発生した未払の広告収入の受領の権利は退会と同時に消滅するものとする。
  10. 弊社は、個人メディアのアカウントが次の各号のいずれかに該当する場合は、当該個人メディアに対する広告収入の支払いの遅延または 不履行に対して、その一切の責任を負わないものとする。
    (1)銀行口座が登録されていない場合。
    (2)銀行口座の登録内容に不備または漏れがある場合。
    (3)第8条第6項各号のいずれかに該当する金融機関口座が登録されている場合。
第9条 審査基準の非開示
弊社は、独自の判断により、個人メディアへのサービスの提供または広告の掲載を拒否することができる。原則として個人メディアに対して拒否 の理由及び判断基準の開示はなされないものとし、個人メディアは、弊社がその判断基準に基づきなした判断に対して、一切の異議を申し立て ないものとする。また、弊社は、当該行為によって発生する個人メディアもしくは第三者のいかなる不利益に関しても一切の責任を負わないものとする。
第10条 禁止事項
  1. 個人メディアは、弊社が配信する広告表示用のプログラムを改変しもしくは第三者に改変させ、広告表示用のスクリプト・コードを変換してはならない。
  2. 個人メディアが自己のブログ・ウェブサイトに掲載する本サービスにかかる広告に関して、広告収入を目的としてクリックする等の行為を強要・嘆願する言葉、及びユーザーに誤解を与えるような言葉をそのブログ・ウェブサイトに記述してはならない。
  3. 個人メディアは、広告主の広告の周辺に不当景品類及び不当表示防止法、薬事法、銀行法、貸金業規制法等の法令等に違反する表示を行ってはならない。
  4. 個人メディアは、本サービスの利用によって知り得た本サービス、弊社及び広告主に関する一切の情報を本サービス以外の目的に利用してはならない。また、当該情報を第三者に開示、提供または漏洩してはならない
  5. 個人メディアは、自己のブログ・ウェブサイトの宣伝を目的とした電子メールでのスパム行為、掲示板への書きこみ等による宣伝行為、またそれ以外の方法・手段による第三者への迷惑行為に該当する宣伝行為をしてはならない。
  6. 個人メディアは、広告を本サービスに登録したブログ・ウェブサイト以外のウェブページ等上に掲載してはならない。
  7. 個人メディアは、本サービスに関し、問い合わせやその他の目的で、弊社を介することなく広告主に対し直接連絡を行ってはならない。
第11条 不正クリックの防止
弊社は、広告主保護の観点から以下の事由に該当するクリックが発生していると弊社が判断した場合、その程度に応じて当該個人メディアに対して 当該不正行為の中止を求める通知を発し、改善が得られないと弊社が判断した場合は第4条第2項に定める強制退会処分を行うことが出来るもの とする。
  1. 個人メディア自身による広告収入を得るための不正クリック
  2. 自動的にクリックを行うプログラム等によるクリック
  3. 個人メディア以外の第三者による不正なクリック
第12条 本サービスの第三者による利用
第三者が個人メディアのメールアドレス・パスワードを用いて本サービスを利用した場合は、これを個人メディアによる本サービスの利用とみなすものとし、これにより個人メディアが被った損害については、弊社はその一切の賠償責任を負わないものとする。
第13条 本サービスの停止・中止
弊社は、以下のいずれかの事由に該当する場合、本サービスの全部または一部を停止することができ、当該事由に起因して個人メディアまたは第 三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとする。
  1. 定期的または緊急に広告配信システムの保守・点検を行う場合。
  2. 本サービスのシステム上の不具合、自然災害その他、弊社の責に帰すべからざる事由が生じた場合、並びに第三者によるハッキング、クラッキング等の一切の妨害行為が発生した場合。
  3. 法律、法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合。
  4. その他弊社がやむを得ないと判断した場合。
第14条 本サービスの保証
弊社は、本サービスの利用並びに利用に基づく結果、また本サービスの機能がウイルスその他有害な内容を含まないこと、セキュリティーが有効で あること等について保証しないものとする。
第15条 個人情報
  1. 弊社は、個人メディアの個人情報を、弊社が定める本サービスのプライバシーポリシーに基づき利用、管理するものとし、個人メディアの承諾なしにこれを第三者に開示、提供または漏洩しないものとする。
  2. 前項の規定にかかわらず、弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、第三者に対して個人メディアの個人情報を開示することができる。
    (1)裁判所、検察庁、警察またはこれらに準じた権限を有する公的機関から強制力を伴う緊急の命令、要求もしくは要請があった場合。
    (2)弊社、個人メディア、広告主及びその他第三者の権利、財産やサービス等を保護するために必要と認められる場合。
    (3)弊社が本サービスに関連する業務を第三者に委託する場合。
  3. 弊社が収集した個人情報については、退会手続き後、6ヶ月以内に消去するものとする。
第16条 損害賠償
個人メディアは、本サービスに関連して弊社に損害を与えた場合、また広告主その他第三者から弊社に対し損害賠償の請求があった場合は、直接的 損害並びに間接的・派生的・付随的損害のすべてを含むその損害額の全額を弊社に対して支払うものとする。
第17条 申込事項及び変更事項の届出
  1. 個人メディアは、本サービスの申込申請をするにあたり、弊社が定める届出事項に関し、一切虚偽のない情報を弊社に届け出るものとする。
  2. 個人メディアは、本サービスの登録内容に変更が生じた場合は、すみやかに弊社に登録内容の変更を届出なければならない。
  3. 弊社は、個人メディアが前項に定める登録内容の変更を怠ったことにより生じた報酬の支払遅延その他の不利益に対して、その一切の責任を負わないものとする。
第18条 連絡及び通知
弊社は、本サービスを利用するために必要な範囲内で、個人メディアに対し電子メールにて連絡及び通知を行うものとし、弊社からの個人メディアに 対する通知は、個人メディアが登録した電子メールアドレス宛に弊社が電子メールを発信した時点で、個人メディアに到達したものとみなす。
第19条 権利義務の譲渡
個人メディアは、本規約に基づいて発生した権利及び義務を第三者に譲渡し、または担保に供してはならない。
第20条 規約改訂
  1. 弊社は、個人メディアに事前に承諾を得ることなく、いつでも本規約を改訂することができるものとする。
  2. 弊社は、変更後の本規約を弊社のウェブページ上ですみやかに告知するものとする。
  3. 個人メディアは、前項に基づき、本規約改訂を告知した日から弊社が定める期間(定めがない場合は告知の日から2週間)以内に退会しない場合、本規約の改訂に同意したものとみなされ、当該個人メディアと弊社との間で改訂後の規約の効力が発生するものとする。
  4. 個人メディアは、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知または不承諾を申し立てることはできないものとする。
第21条 有効期間
本規約は、個人メディアが本サービスの登録を完了した時点から個人メディアの退会時点まで効力を有するものとする。 但し、第10条、第12条、第16条ないし第19条、第21条、第22条及び第23条は、本規約の有効期間が満了した後も有効に存続する。
第22条 準拠法及び裁判管轄
本規約は日本国の法令に準拠し、解釈されるものとし、本規約に関連して弊社と個人メディアとの間に紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
第23条 機密事項
弊社及び個人メディアは、本サービスに関連して得た相手方の技術上、業務上その他秘密とみなされるべき情報を、相手方の事前の文書による承諾な しに第三者へ提供、開示、漏洩しないものとする。
平成17年10月6日 制定・施行
平成17年12月1日 改訂
平成19年4月6日  改訂
平成27年9月1日  改訂
平成29年8月1日  改訂

▲このページの先頭へ